出産や育児に入る女性職員に対して、当院では法定に準じた産前産後休業・育児休業制度を設けています。当院ではこれまで多くの女性職員がこの制度を利用し、ワーキングマザーとして現在も生き生きと働いています。制度については知っているようでも自分自身ではなかなか詳しくはわからないものです。当院では時期に応じて下記の面談を育児経験のある上司が実施し、家庭と仕事の両立をめざす女性を支援します。

■妊娠時面談(妊娠報告時):仕事とマタニティライフの両立を支援するため、制度の説明や、体調面、引き継ぎのスケジュールなど、休業前の働き方について話し合います。

■産休前面談(休業2ヶ月前):産前休暇前に何を準備しておけば良いか、休業中の連絡先、引き継ぎなどに問題はないか、休業にむけて上司に伝えておきたい事や不安はないか等、休業中や復職について確認します。

■復職前面談(休業終了2ヶ月前):育児休業から復帰する際の不安を取り除き、職員がスムーズに職場復帰できるよう復職後の働き方の意識づくりを行い、復職時期、就業中の保育者やサポート状況、保育園利用の場合には現状、その他復職後の家庭および職場の環境について話し合います。

■復職後面談(復帰2ヶ月後):復帰後の現状、業務、体調、育児の面などで気になることがあれば相談します。

当院には産休・育休をへて復職をした子育て中のママさんスタッフがたくさんいます。
時には愚痴を言い合ったり、情報交換したり、励まし合い助け合いながら頑張っています。敬節会は今後も、すべての職員が働きやすく、ライフステージの各段階に応じて多様な働き方で活躍できる職場を目指してまいります。