臨床検査科は、2018年2月現在臨床検査技師4名にて勤務しています。検査技師は検体や患者・受診者様の身体から得られた検査情報を正確に分析・評価し、報告する事を業としています。敬節会グループではチーム医療を基本としており、医師、看護師、放射線技師、健診医事課などの専門医療職が一丸となって診断に当たっており臨床検査技師もチームの一構成員として積極的に参加しています。

業務内容;
・生理機能検査-心電図・呼吸機能・眼底・超音波(腹部・乳腺・頸動脈・甲状腺)など
・検体検査-生化学・血液・尿一般など

業務の特徴;
当科は検体検査のみならず、生理機能検査も経験することができ幅広く活躍できる職場です。
診断につながる検査を日々心がけています。超音波検査は診療放射線技師も行っています。お互い情報交換も頻繁に行い、さらにCTやマンモグラフィーにつても教えていただいています。
この診療放射線技師との密な関係は敬節会の画像診断にはなくてはならないものであります。

研修・資格取得;
参加学会→日本超音波検査学会学術集会・日本超音波検査医学会超音波診断講習会・日本乳癌検診学会学術総会・日本総合健診医学会学術大会 等
資格取得(目標も含む)→超音波検査士・日本超音波検査医学・日本乳がん検診精度管理中央機構乳房超音波検査認定・日本総合健診医学会総合健診指導士・2級臨床検査士血液学

将来にわたり最新の医学知識・技術を獲得し確かな自信とするためにも学会参加や資格取得を積極的に応援しております。質の高い医療情報提供を行うためにチーム全体で努力し、揺るぎ無い信頼関係を構築する事で密接な連携プレイを具現化しております。