医療法人敬節会

ガンリスクスクリーニング検査AICSに「膵臓がん」検査を追加


最近ガンの早期発見のための簡易検査が進歩してきております。
この度AICSがんリスクスクリーニング検査に新たに「膵臓(すいぞう)がん」検査が追加されました。


当健診センターでは、がんリスクをチェックする検査「AICS」を、2015年年5月より導入しておりますが、新たな解析対象として膵臓がん(すいぞうがん)を追加致しました。「すい臓がん」は早期発見が難しく、救命率が低いがんであり、その項目を希望される受診者や患者様のお声も多かったこともあり、大変貴重で重要な検査と考えております。

単独でのご受診はもちろん、健康診断、人間ドック、外来受診での採血と同時受診も可能です。

◆ AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)とは?

血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度バランスの違いを統計的に解析することで、がんに罹患しているリスクを評価する新しい検査です。

健康な人の血液中のアミノ酸濃度は、それぞれ一定に保たれるようにコントロールされていますが、さまざまな病気になると、一定に保たれている血液中のアミノ酸濃度のバランスが大きく変化することが分かっています。この性質を応用したのがAICSです。


◆ AICSの特徴

1回採血(約5ml)で、複数のがんを同時に検査することができます。
また、早期がんにも対応しています。

【 AICSの検査対象となるがん 】
男性では胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、前立腺がんの合計5種のがんに対するリスクを評価します。女性では胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がんの合計6種のがんに対するリスクを評価します。


◆ AICSの対象者

下記年齢の日本人(妊娠されている方を除く)を対象として開発された検査です。

※各がん種の評価対象年齢は、一部受診対象年齢と異なります。
備考に記載した各がん種の評価対象年齢外の方のAICS値は評価対象外となります。

○ 男性AICS[5種]
・胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん : 25歳~90歳
・前立腺がん : 40歳~90歳( 25歳~39歳の方は評価対象外です。 )

○ 女性AICS[6種]
・胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、乳がん : 25歳~90歳( 20歳~24歳の方は評価対象外です。 )
・子宮がん、卵巣がん : 20歳~80歳( 81歳~90歳の方は評価対象外です。 )


◆ 各種費用(税込)

○ 男性AICS[5種]: 37,800円 (胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん)
○ 女性AICS[6種]: 37,800円 (胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮・卵巣がん)

皆様のガンの早期発見にお役立ていただけましたら幸いです。

医療法人 敬節会

参考URL:http://www.aa-pri.jp/c00/b09/
(更新日:2015/09/05)

[ ×ウィンドウを閉じる ]