医療法人敬節会

セルフメディケーション税制について


 2017年1月1日から、特定の医薬品購入に対する新しい税制「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が始まりました。
 「セルフメディケーション税制」は、きちんと健康診断(健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組)などを受けている人が、一部の市販薬を購入した際に所得控除を受けられるようにしたものです。

「健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組」とは以下のことです。

 ・ 特定健康診査(いわゆるメタボ健診)又は特定保健指導

 ・ 市町村が実施するがん検診

 ・ 勤務先で実施する定期健康診断(事業主健診)

 ・ 保険者(健康保険組合、市町村国保等)が実施する健康診査(人間ドック、各種健(検)診等)

 ・ 市町村が健康増進事業として行う健康診査(生活保護受給者等を対象とする健康診査)

 ・ 予防接種(定期接種又はインフルエンザワクチンの予防接種)

 
 ここで注意すべきは申請者が任意に受診した健康診査(全額自己負担)は、「一定の取組」に含まれません。
また、健診受診費用は控除対象ではありません。

「セルフメディケーション税制」の申告時には、該当商品を購入したことを示す領収書(レシート)と同時に、健康診断を受診された証明となるものも必要です。

今後当センターで健康診断や人間ドックを受診された場合はその証明となるものを大切に保管して頂きますようお願い致します。


医療法人 敬節会
西中島クリニック
敬節クリニック
敬節会総合健診センター



参考になるホームページ

日本一般用医薬品連合会
http://www.jfsmi.jp/lp/tax/

参考URL:http://www.jfsmi.jp/lp/tax/
(更新日:2017/03/01)

[ ×ウィンドウを閉じる ]