~女性の気になる病気
子宮がん・乳がんについて少し立ち止まってチェックしてみませんか?~

女性の病気について

婦人科検診、乳がん検診、子宮がん検診、マンモグラフィ・・・?
最近耳にするけれど、自分にどのくらい必要な検査なのだろう?
他人事のように『私は大丈夫』と聞き流してしまっている方も多いのでは?検査を受診したもののわたしはどんなことがわかる検査を受けたのだろう?と疑問に思ったことや、前に一度受診したから大丈夫と安心している方もいるのでは?
メディアでもたびたび取り上げられる婦人科検診の重要性。
乳がん検診・子宮がん検診は必要だとわかっていても、内診の恥ずかしさや検査時の痛みを心配して、どうしても気が重くなり足が遠のいてしまいます。
しかし、女性特有の病気は、発見が遅れると大事に至るケースも多くそのまま放置することもできません。
「定期的な乳がん検診・子宮がん検診」に足を運んでくださることを願い、
医療法人敬節会グループでは乳がん検診・子宮がん検診により力をいれ、皆様のお役に立てる健診機関です。


乳がん検診とは?

乳がんは女性がんの第一位であり、乳がんによる死亡率は日本のみが、上昇傾向 です。アメリカ・イギリスではマンモグラフィ検査の普及や啓発運動により1995年から死亡率は、減少傾向と言われています。つまり早期に検査を受けることで死ぬことを防ぐことのできるのです。乳がんの発見には、乳房触診・マンモグラフィ検査・乳腺エコー検査の併用した乳がん検診が非常に有用です。乳腺が発達している30・40代はマンモグラフィでは十分に病変を検出しにくいため、乳腺エコーでの検査、もしくは マンモグラフィと乳腺エコー の併用がすすめられます。
マンモグラフィ検診マンモグラフィに関する詳しい資料は、当敬節会グループサイト →
のページでご紹介いたしております。

 


子宮がん検診とは?

子宮頸がんは婦人科領域のがんの中で、乳がんに次いで多く、最近20~30代の女性に最も多いがんです。
婦人科検診
子宮頸がんは遺伝などに関係なく、性交経験がある女性なら誰でもなる可能性のある病気です。近年では20代後半から30代に急増し、若い女性の発症率が増加傾向にあります。
当院では、子宮がんかどうかを調べる「子宮頸がん検査(女性医師採取)」、子宮がん以外の子宮の病気がわかる「経膣エコー検査」、子宮頸がんへと進行する危険性があり、性行為により感染する「HPV(ヒトパピローマウイルス)」検査を受診していただけます。
子宮がん予防ワクチン
そして、子宮頸がんをワクチン接種で予防できるようになりました。

 


西中島クリニック
大阪市がん検診 子宮頸がん検診

西中島クリニック 子宮がん検診日程表
女性医師対応

受付時間
9:00

12:00
子宮がん
(2・4週)
女性医師
女性スタッフ
× 子宮がん
(1・3週)
女性医師
女性スタッフ
× × 子宮がん
(2・4週)
医師
(男性医師の場合も有)
×

 

第2・第4の月曜日と第1・第3の水曜日の乳がん検診・子宮がん検診は、女性ドクターが対応いたします。マンモグラフィ・乳腺エコー検査も女性技師が対応いたします。
乳房触診同日受診可能。

西中島クリニック 乳がん検診日程表

受付時間
9:00

12:00
マンモグラフィ検査
× ×
乳腺エコー検査
2・4週
× × × 1・3週
×




敬節クリニック
枚方市がん検診子宮頸がん検診

敬節クリニック 市民検診日程表

マンモグラフィ撮影は女性技師が対応致します。マンモグラフィ撮影後の触診につきましては、火曜日・金曜日におこないます。
受付時間
9:00~12:00 マンモグラフィ検査
×
14:00~16:00 × × × ×

 

マンモグラフィ・乳腺エコー検査と同時に乳房触診希望の方は、
火曜日金曜日に実施しております。

敬節クリニック 乳がん検診日程表

受付時間
9:00~12:00 マンモグラフィ検査
乳腺エコー検査
×
14:00~16:00 × × × ×