前立腺がんは急増しており、2020年には男性がんの2位になると予測されています。その早期発見には現在血液検査でPSA(prostatic specific antigen)を測定することが最も有用です。米国では前立腺がんによる死亡率がPSA検診の導入によりすでに減少しており、また遠隔転移を有する前立腺がんも減少しています。

50歳を過ぎたら採血でPSA検査を受けましょう

PSAに影響する因子
上昇;加齢・前立腺肥大・前立腺炎・射精・サイクリング・前立腺マッサージなど
下降;ベッド上安静