【全国健康保険協会ご加入の方へ】特定保健指導のご案内

2022年6月より全国健康保険協会ご加入の満40歳から75歳未満の被保険者の方対象に特定保健指導を健診当日に受けていただけるようになりました。

◆特定保健指導とは?◆

健診結果をもとに健康的な生活を維持できるよう、保健師や管理栄養士が生活習慣病予防・改善に役立つ情報を直接アドバイスする無料のサービスプログラムです。

日頃の食事や運動等に関して保健師や管理栄養士と面談を行い、ご自身に合わせた目標や行動計画を立てて取り組んでいただきます。

生活習慣の改善に取り組むことで、内臓脂肪を減らし、将来の病気を未然に防ぐことを目的としています。

◆特定保健指導を健診受診当日に実施するメリットは?◆

健診受診直後に行うことで、受診者にとって利便性が良く、受診率の向上につながります。

また、健診受診直後の健康を意識した状態で実施することで、高い生活習慣の改善効果が期待できます。

◆特定保健指導の対象者となる人は?◆

①全国健康保険協会ご加入の満40歳から75歳未満の被保険者の方

※糖尿病・高血圧・脂質異常症の薬剤治療をされている方は対象外

②検査結果が下記内容に該当する方

A.腹囲が85cm以上(男性)・90cm以上(女性)の方
B.腹囲が85cm未満(男性)・90cm未満(女性)の方で、BMIが25以上の方のうち

  • 血糖(空腹時血糖が100mg/dl以上、またはHbA1cが5.6%以上)
  • 脂質(中性脂肪150mg/dl以上、またはHDLコレステロール40mg/dl未満)
  • 血圧(収縮期130mmHg以上、または拡張期85mmHg以上)

特定保健指導には、生活習慣病のリスクに応じて「動機づけ支援」「積極的支援」の2つのコースがあります。
初回面談による情報提供・アドバイス後、生活習慣改善に向けて6ヶ月間サポートいたします。

総務課