コロナワクチン副反応に対する鎮痛解熱剤(カロナール)使用

ワクチン接種後、少なくとも2~3日間は以下の症状について注意して生活してください。

今回接種しましたファイザー社製新型コロナワクチン(コミナティ)の副反応として、下記内容が報告されています。

  • 注射部位の痛み、接種部位の腫れ
  • 倦怠感、頭痛
  • 筋肉痛、関節痛
  • 悪寒、発熱
  • 吐き気、嘔吐、下痢など

なかでも注射部位の痛みは約8割の人で、倦怠感は約5割、頭痛は約4割の人で発生する可能性がございますが、ほとんどの場合1~2日後には症状が消失しています。

もし、接種後に痛みや発熱などが強ければ、解熱鎮痛剤(アセトアミノフェン・商品名:カロナール)の服用により軽減する可能性が高いと考えられています。

※接種前の予防的な解熱鎮痛剤の使用は、ワクチンの効果が弱くなる可能性があるので推奨できません。

当院では解熱鎮痛剤(アセトアミノフェン・商品名:カロナール)を希望する方には、頓服で 5錠 ほど処方いたします。大人なら1回カロナール500mg 1錠を服用し、1日3回まで使用できます。

【鎮痛解熱剤(カロナール5錠)を処方した場合の窓口負担金額】

〈当院で必要な処方箋料〉

1割負担の方:初診なら 350円   再診なら 200円

2割負担の方:初診なら 700円   再診なら 400円

3割負担の方:初診なら 1050円 再診なら 600円

〈薬局で支払うお薬代〉

1割負担の方:130円

2割負担の方:260円

3割負担の方:380円

処方を希望される方は接種前にスタッフにお申し出下さい翌日以降の処方も可能です。

接種後以降の副反応が気になってワクチン接種をためらっておられるなら是非とも安心と軽症化を期待し持って頂いた方が賢明と思います。またこの薬は2回目の接種にも利用できます。

医療法人 敬節会