健診・人間ドックの受診は不要不急ではありません

受診者の皆様へ

昨年早々からの新型コロナウイルス感染の蔓延の影響を受けて、健康診断や人間ドックの受診の見送りや、健診結果異常に対する再検査や精密検査などの受診控えなどが発生しています。その結果、高血圧や糖尿病など生活習慣病への治療の遅れや、がんの早期発見や適切な対応ができず、病気が進行してしまっている症例が増えてきています。

健康診断や人間ドック受診による健康チェックやがん検診やその後のフォローアップは決して不要不急ではありませんので、受診の控えがないようにして頂きたく存じます。

当院ではありとあらゆる感染対策を行い受診者様をお迎えしております。

院長 高田達良