医療法人敬節会

AICSがんリスクスクリーニング検査受付中止のお知らせ


AICSがんリスクスクリーニング検査の新規受付を中止させて頂きます。

AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)は血液中のアミノ酸バランスの変化よりガンの存在を予測する画期的な検査で、テレビなどのメディアでも多く取り上げられ、2015年より全国的に施行する健診施設が増え、当センターも5月より導入し、検査を希望される受診者数も増えておりました。

しかし、前日のタンパク質摂取量、糖尿病や関節リウマチの方、一部の薬などによりデータのばらつきが出て、検査結果の正確性が低下するという報告が散見して参りました。
当健診センターとしては、このことを重く捉え、AICSの結果により無駄に受診者をガンへの恐怖心をあおることになっては絶対にいけないと判断し、2015年12月26日より新規受付を取り急ぎ中止させて頂くこととしました。
データの信憑性が回復し、正確な検査方法が確率できましたら改めてご報告させて頂きます。

AICS検査を受けてみようかと考えられておられた方には大変申し訳ありませんが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

ガンの早期発見に最も有力なのは画像診断です。レントゲン、CT、超音波(エコー)、バリウム、内視鏡(胃カメラなど)は手間がかかりますがやはり有用性は高く、当院では最も画像検査に力を入れて取り組んでおります。
画像診断によるガン検診を希望される方はご相談下さい。

医療法人 敬節会
院長 高田達良

(更新日:2015/12/20)

[ ×ウィンドウを閉じる ]